毎日王冠の過去10年データ、3歳、4歳にめちゃくちゃ有利!?

過去10年データ

僕が一番輝く季節がやってきました★

来週から12週連続G1、たまりませんね!!

競馬の仕事をしていなかった時も、この時期になると休憩室は僕の周りに人だかりができるんです。

やれアノ馬を買いたいだ、やれアノ馬が強いだと、休み時間いっぱい使っての競馬談義ですよ。

あー懐かしいw

今思い返してみると、僕が話してたことって過去10年データ記事と同じで、何が来ても「話してたとおりだったね、すごい!」となるものでした。

例えばスプリンターズステークスのラインスピリットについて聞かれたら「セントウルステークスはファインニードルの方が外をまわって強い内容だったけど、着差は0.4だし今回は1枠を引いてるから先行有利を想定するなら買い目に入れないとね」みたいな。

競馬って結局どんなに強い馬でも大不利あれば負けるし、どんなに弱い馬でも展開に恵まれまくれば馬券になる。

だからよほど変なことを言わないかぎり、どんな予想も肯定できるんです。

しかし、競馬予想を記事にする立場となれば、その方法は使えません。

様々な結果が考えられる中で、1番当たると思うところ、もしくは1番儲けると思うところを予想にして、自分の予想の価値を他人に伝えられなければ意味がない!

そして自分の予想だけでなく、現在横行している明らかな適当予想で詐欺を働く悪質なやからを徹底的に叩かなくては意味がない!

その思いは変わりません。

理想を叶えたいなら、信じてやりはじめたことを続けることが大事ですよね。

継続は力なり!!

毎日王冠の過去10年データを見てまいりましょう。

 


【3歳 複勝率 35.7%】
ケイアイノーテック、ステルヴィオ、カツジ

【4歳 複勝率 32.1%】
キセキ、サトノアーサー、ダイワキャグニー、アエロリット


 

馬齢別から見てまいりましょう。

斤量の利がでる3歳にかんしては、個々の実力以上に良い成績になることが考えられますので、多少は有利になる条件かも知れませんが・・・

4歳以上は平等なので、年齢別ではなく1頭1頭を見なければ的中率の高い予想になりえません。

データでは8歳上の複勝率が5~7歳より高いですが、これは出走頭数が少ないことと、カンパニーがたまたまいたことが原因であって、今年の8歳上に当てはまるわけがないのです。

カンパニーは8歳上の中でも特別で、この毎日王冠を勝利した後に、天皇賞秋、マイルチャンピオンシップとG1を連勝。

8歳のこの時期にピークを迎えていました。

じゃあすべての馬が8歳ピークではないのに、ピークだとしてもG1を勝てる馬なんて一握りなのに、過去10年にカンパニーがいたことで8歳上がよく来るレースなんて分析されるのは明らかに間違っています。

馬齢別は今年の予想にまったく使えないのに、多くの人が参考にする過去10年データなので、期待値がガクッと下がります。

このデータで成績が悪いところに強い馬がいる時こそ、期待値の高いおいしい馬だと僕は分析します。

 


【前走1番人気 複勝率 52.9%】
ダイワキャグニー


 

前走の人気別です。

ただの人気別であれば的中率との整合性が高いことは、統計を見ればわかります。

実際に毎年のように1番人気→2番人気→3番人気の順番で勝率も複勝率も高いので、人気は着順に大きく関与するファクターなんです。

しかし、前走の人気別となると話は別。

信頼度はガクッと下がります。

なぜなら、G1を1番人気で勝った馬と、オープン特別を1番人気で大敗した馬が同じデータとして扱われるからです。

過去10年データを参考にしている人は、1つのデータがよくても、他のデータが悪ければ買わないというお話をよく聞きますが、実はそれが一番ダメ。

一つ一つが意味のないデータを重ねたところで、的中率は上がりません。

なのに過去10年データで溢れている現代、そんな作業をしている人が多いので、的中率が低くて倍率も低いという最悪な事態を招くんです。

馬齢別でもお話ししたとおり、理論的にあてにならないと論破できるデータは、逆に悪い数値でみんな買わないところに強い馬がいないかを調べましょう。

 


【前走1着 複勝率 38.7%】
ケイアイノーテック、サトノアーサー

【前走5着 複勝率 42.9%】
該当なし


 

最後は前走の着順別データです。

こちらも前走人気と同じく、同じ着順でもレースによって価値が違うので、紹介されている複勝率と実際の複勝率が大きく異なるデータ代表です。

前走5着が複勝率42.9%ですが、G1馬が集まるレースで不利を受けての僅差5着と、同クラスで勝利経験のない馬ばかりが集まったレースで展開に恵まれての5着では、馬のレベルが大幅に違います。

1~18着、すべてに言えることです。

競馬は過去10年データが常識になっているので不自然に思う人は少ないかも知れませんが、他の陸上競技とかで考えてください。

地区大会5位と県大会5位を、同じ扱いにしているデータですよ。

今回出走する前走5位の馬が良い成績をとれるかどうかは、その馬の過去レースの内容はもちろん、他の出走メンバーを全部調べて比較しなければ絶対にわかりません。

前走の着順別データなどあてにして、的中率・回収率が上がるわけないのでご注意ください。

 

最後にこれまでの結果発表です。

複勝率30%台で紹介されているデータは試行頭数98頭と順調に伸びているのですが、他はなかなか伸びませんね。

40%、50%のデータなんて探せばいっぱいありそうなのに。

過去10年データをネタの中心にしている人は、複勝率の高いデータでハズレまくると信用がなくなりブログを見てもらえなくなるので、複勝率30%台のデータを中心にしているんだろうなぁと思いました。

さて、今週から僕の的中率・回収率も載せることに。

先週はボコボコで言葉もないですが、絶対巻き返してやりますので、もうちょっと見ていていただけると嬉しいです。

 

〈僕の鉄板馬の結果〉


【0-0-0-1】 複勝率0%
単勝回収率0%(払い戻し0円、購入金額100円)
複勝回収率0%(払い戻し0円、購入金額100円)
1番人気1頭 2番人気0頭


 

〈僕の穴馬の結果〉


【0-0-0-2】 複勝率0%
単勝回収率0%(払い戻し0円、購入金額200円)
複勝回収率0%(払い戻し0円、購入金額200円)
1番人気0頭 2番人気0頭


 

〈複勝率30%台データの結果〉


【11-8-7-72】 複勝率26%
単勝回収率55%(払い戻し5390円、購入金額9800円)
複勝回収率64%(払い戻し6350円、購入金額9800円)
1番人気10頭 2番人気11頭


 

〈複勝率40%台データの結果〉


【3-2-2-20】 複勝率25%
単勝回収率50%(払い戻し1360円、購入金額2700円)
複勝回収率52%(払い戻し1410円、購入金額2700円)
1番人気3頭 2番人気4頭


 

〈複勝率50%台データの結果〉


【0-1-1-2】 複勝率50%
単勝回収率0%(払い戻し0円、購入金額400円)
複勝回収率100%(払い戻し400円、購入金額400円)
1番人気0頭 2番人気1頭


 

〈複勝率60%台データの結果〉


【0-1-0-5】 複勝率16%
単勝回収率0%(払い戻し0円、購入金額600円)
複勝回収率28%(払い戻し170円、購入金額600円)
1番人気0頭 2番人気0頭


 

〈複勝率70%台データの結果〉


【0-1-0-3】 複勝率25%
単勝回収率0%(払い戻し0円、購入金額400円)
複勝回収率60%(払い戻し240円、購入金額400円)
1番人気0頭 2番人気1頭


 

〈複勝率80%台データの結果〉


【2-1-0-3】 複勝率50%
単勝回収率101%(払い戻し610円、購入金額600円)
複勝回収率76%(払い戻し460円、購入金額600円)
1番人気3頭 2番人気1頭


 

〈複勝率100%データの結果〉


【1-0-0-1】 複勝率50%
単勝回収率135%(払い戻し270円、購入金額200円)
複勝回収率60%(払い戻し120円、購入金額200円)
1番人気1頭 2番人気1頭