競馬予想記事

【富士ステークスの予想】ハクサンルドルフ、G1勝てる馬です!

日本競馬界は強い馬がクラシックに集まるので、マイル戦線って低レベルな印象でしたけど、最近はそんなことありません。 ここで出走するペルシアンナイト、エアスピネルをはじめ、イスラボニータやスワーヴリチャードなどクラシックで好成績の馬がバンバン来るようになったんです。
過去10年データ

菊花賞の過去10年データ、勝率60%、複勝率80%の馬がいる!?

勝率60%、複勝率80%の馬、過去10年データでもなかなかお目にかかれない好成績ですが・・・ 菊花賞の過去10年データにありました! 菊花賞といえば、かつては最も強い馬が勝つと言われていたレースですが、今は4年連続でダービー馬が出ていない体たらく。
競馬予想記事

【秋華賞の予想】アーモンドアイを買ってる人は、競馬の負け組決定でしょ!

さあ、秋のG1連戦一発目、秋華賞の予想を始めてまいりましょう。 アーモンドアイの1強ムード、誰の予想を見てもアーモンドアイの強さを否定する記事はないというおもしろい状況です。 現在のオッズはなんと単勝1.1倍!! しかしな...
競馬予想記事

【府中牝馬ステークスの予想】ルメール騎手ってだけで、ディアドラ買ってんじゃねえ!!

もうルメール騎手、デムーロ騎手、モレイラ騎手買えば当たるじゃないですか! そんな競馬は単純じゃないぞと、外国人騎手を買えばいいと思ってる素人にこの予想でぎゃふんと言わせてやりましょう★
過去10年データ

秋華賞の過去10年データ、アーモンドアイは絶対来る!?

秋華賞はアーモンドアイでしかたないとか思っているそこのあなた!! 秋華賞の過去10年データを見て、心が揺れたら負けですよw アーモンドアイが負けることを、超後押しするデータがあります!! さっそく一つずつ見てまいりましょう。
競馬予想記事

【京都大賞典の予想】サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、どっちが鉄板?

敗戦続きでも人気が落ちないので、馬券妙味のない馬ではありますが・・・ 人気になって当然の実力馬であることは間違いありません。 宝塚記念のときに語ったように、サトノダイヤモンドの敗戦は大きな不利を受けているだけでレース内容は抜群のものばかり。
競馬予想記事

【毎日王冠の予想】アエロリットが一番人気はマジでない!

今週は天皇賞秋への王道ステップ、毎日王冠と京都大賞典が行われますね。 まずは日曜日開催の毎日王冠の予想から。 京都大賞典は2400mに対して、毎日王冠が1800mということもあり、天皇賞秋を目指す馬の中でもスピード自慢が集まるレースです。
過去10年データ

毎日王冠の過去10年データ、3歳、4歳にめちゃくちゃ有利!?

馬齢別から見てまいりましょう。 斤量の利がでる3歳にかんしては、個々の実力以上に良い成績になることが考えられますので、結果に影響するデータかも知れませんが・・・ 4歳以上には適用されません。 例えば、8歳上の複勝率が5~7歳より高いですが、これは出走頭数が少ないことと、カンパニーがいることが原因です。
過去10年データ

スプリンターズステークスの過去10年データ、いかにも荒れそう

今年のスプリンターズステークスは人気馬がそんなに信頼できない状況で、穴馬券になりそうな予感がぷんぷん。 そこで現代穴馬券を探す方法として有力なのが過去10年データです。 みんな意味のないデータを信じて買うので、データがよくないのに当たりそうなところの期待値がぐんと上がります。
過去10年データ

神戸新聞杯の過去10年データ、皐月賞馬エポカドーロとダービー馬ワグネリアン、どちらが優勢!?

神戸新聞杯もオールカマーも、少頭数かつ人気馬が強くて、めぼしい穴馬が見つかりませんw こういう時もあります。 気持ちを切り替えて、興味を皐月賞馬エポカドーロと、ダービー馬ワグネリアンの比較に向けてみましょう!