競馬知識

血統予想の役立て方!!競馬の基本中の基本です。

血統を予想のファクターにしている人、結構いますよね。 芝の方が走る血統だ、函館競馬場が得意な血統だ、のようなものです。 しかし、一般的に使われている血統予想は、理論的にみれば嘘っぱちなものばかりです。
競馬予想記事

【函館記念2018の予想】なめられすぎだ!サクラアンプルール!

夏競馬でも本命同士で決まるレースの方がもちろん多いわけであって、荒れる可能性が高いレースかどうかは夏競馬というグループではなく、1レース1レース独立事象であり、メンバーや馬場など綿密に調べなければ見えてこないことを念頭に、函館記念の予想をしていきましょう♪
過去10年データ

函館記念の過去10年データ、2009年を除くと何が違う?

そんな過去10年データの実際の統計はどうなっているか、誰一人として報告する人はいません。 なぜなら、例えば複勝率40%と紹介していたデータが、レース後に結果を調べて見たら複勝率20%にも満たないなんてものばかりだからです。
POG

【万馬券をいくつも的中した男のPOG推奨馬】アドマイヤデルタ、いつの間にか2戦目突入!

アドマイヤデルタ 新馬戦は阪神芝1200mを4着。 勝ち馬アウィルアウェイだけちょっと別格感ありましたが、アドマイヤデルタもスローペース外まわりながら上がり2位の脚で追い込んでいるところをみると、着順以上に評価の必要な1頭だと思います。
競馬予想記事

【プロキオンステークス2018の予想】キングズガードが1番人気、前がどれだけ競り合うか!

このレース、穴党の僕でもキングズガード推しで仕方ないかなと思っています。 しかしながら、過去のレース結果だけ見て、キングズガードのプロキオンステークスは無類の強さを誇ると思っている人が多そうなので、そこだけ僕の見解をお伝えしようと思います。
競馬予想記事

【七夕賞2018の予想】マイネルミラノ楽逃げ切りに懸ける!!

統計的に逃げ馬の成績がいいのは、色々なことをひっくるめた上で、現代競馬が逃げ馬に有利なレースとなりやすいからであり、七夕賞はその典型のようなメンバー構成なんです。 スローペース濃厚で、逃げ馬の能力も十分! これはいけます!!
過去10年データ

七夕賞の過去10年データ、みんな根拠なしに荒れると言いすぎ!

七夕賞は荒れる荒れると騒がれていますが、過去10年の平均配当を理由にあげている人がほとんどです。 しかし、それは大きな間違い。 5頭ダテと18頭ダテの平均配当は、すべての馬券種において圧倒的に18頭ダテの方が大きいように、平均配当は出走頭数に依存します。
過去10年データ

CBC賞の過去10年データを見る。

今週はCBC賞の過去10年データを見ていこうと思います。 3週目になりますが、改めてこんなの参考にならないと論破できるデータばかりが飛び交っているなーと思います。 なぜこの条件だと成績がいいのか、誰一人として納得いく説明ができないところが、適当である何よりの証。
競馬予想記事

【CBC賞2018の予想】ダイメイフジ、アサクサゲンキ、ワンスインナムーンが上位人気!これは荒れる!

ダイメイフジ、アサクサゲンキ、ワンスインナムーン。 重賞勝利の経験なしが1.2.3番人気想定。 確かに今回のメンバーでは能力上位と思うのですが、人気ほどに勝てる気配はありません。
競馬予想記事

【ラジオnikkei賞2018の予想】フィエールマン、こんなに弱そうな馬が1番人気!?

3歳戦は参考にできるレースが少ないので、なかなか強い馬を見抜くのが難しいでしょう。 その傾向を踏まえて今週のラジオnikkei賞の予想をしてまいりましょう。 実は今年は弱そうな馬が1番人気になっている、かなりの狙い目レースだと思...