【毎日王冠の予想】アエロリットが一番人気はマジでない!

2018年競馬予想記事

今週は天皇賞秋への王道ステップ、毎日王冠と京都大賞典が行われますね。

まずは日曜日開催の毎日王冠の予想から。

京都大賞典は2400mに対して、毎日王冠が1800mということもあり、天皇賞秋を目指す馬の中でもスピード自慢が集まるレースです。

2018年もNHKマイルカップ馬ケイアイノーテック、去年のNHKマイルカップ馬で今年の安田記念を2着したアエロリットと、スピード自慢が名を連ねています。

人気はどうなっているのか調べて見ると・・・

 

アエロリット

事前オッズでは一番人気です。

毎日王冠の出走メンバーを見渡すと、確かにテンの遅い馬ばかり。

スローの逃げをうてるであろうアエロリットには有利になりそうですが、1番人気はちょっと待てよと言いたい。

なぜなら、今回のメンバーでは弱い方だと分析しているからです。

みんなG1馬だから強くて当たり前みたいに言いますけど、、、

アエロリットが勝利したNHKマイルカップは、2着リエノテソーロ、3着ボンセルヴィーソ、4着レッドアンシェル、5着オールザゴーですよ!

リエノテソーロはその後の芝レースで1勝もできていませんし、3~5着にいたっては現在1600万下と1000万下の条件馬。

NHKマイルカップに勝ったところで、1600万下勝利とさほど変わらぬ価値しかないことを知っておいてください。

続いて安田記念の2着。

これもラップだけ見ると超ハイペースを先行して粘り込んでおり、非常に強く見えるんですが・・・

逃げたウインガニオンが0.7秒差の7着に残っているところに注目です。

ウインガニオンはこの安田記念後、断然弱いメンバーのサマーマイルで、1.1秒差、1.6秒差、0.7秒差と負けており、安田記念はタイムだけ見ればハイペースだけれど、実際はかなり内先行有利だったと考えるのが妥当です。

アエロリットの2着も内先行有利を存分に生かしており、決して強い内容とは言えません。

展開に恵まれそうとはいえ、1番人気なら買う必要なし。

僕が目を付けたのは・・・

 

鉄板 ステルヴィオ

単純な比較です。

今年の3歳クラシック戦線で古馬と交流した馬といえばブラストワンピース。

新潟大賞典でメートルダールを負かしており、メートルダールが宝塚記念馬ミッキーロケット以上のレースを見せていることを考えると、天皇賞秋のステップなら十分通用するという評価ができます。

ここで日本ダービーの内容から、ブラストワンピースがワグネリアン・エポカドーロとそこまで差がなさそうなこと。

スプリングステークスの内容から、ステルヴィオがエポカドーロより強いことを踏まえると、ステルヴィオが能力断然の可能性高いんですよね。

以上の分析結果と、昨日の東京競馬場は差しが結構決まっていることから、よほどスローを後ろからという競馬にならなければ上位必至とみて、鉄板馬に推します。

 

穴馬 スズカデヴィアス

アエロリットの中山記念が、この馬を推す決め手でした。

マルターズアポジーが3着に粘る前残りを、単騎2番手という絶好の展開に恵まれながらウインブライトに完敗したアエロリット。

ならばウインブライトの方が能力は断然上と見ることができ、福島記念でウインブライトと互角の勝負をしたこの馬が通用するであろうと思ったんです。

ウインブライトにかぎらず、トリオンフなどG1でも通用する馬と互角の勝負を繰り返しており、今回は明らかに人気が落ちすぎ、絶好の狙い目★

馬券を買って、さあ勝負!!