【京都大賞典の予想】サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、どっちが鉄板?

2018年競馬予想記事

毎日王冠がスピード自慢なら、こちらはスタミナ自慢の大激戦。

京都大賞典の予想をやってまいります!

皐月賞は「最も速い馬が勝つ」
ダービーは「最も運のいい馬が勝つ」
菊花賞は「最も強い馬が勝つ」

なんて格言があったように、昔はスタミナ自慢こそ最強という認識が一般的でした。

京都大賞典はそんなスタミナ自慢にもってこいのレースで、長距離G1を勝ちまくっていたスーパークリークやメジロマックイーンが好んで出走。

最強G2の名をほしいままにしていたんですが・・・

 

 

それがどうですか。

最近はダービー馬でも、菊花賞・天皇賞春のような長距離G1を避ける体たらく。

スタミナ勝負は軽視される風潮が広まり、京都大賞典も昔の様な盛り上がりはなくなったかに思えました。

しかし、2018年はひと味違う!

キタサンブラックを負かしたこともある、強力な2頭が出走メンバーに名を連ねました♪

 

鉄板 シュヴァルグラン

日本で最も賞金が高く、出走メンバーもハイレベルなジャパンカップを、キタサンブラックやレイデオロ相手に優勝した超一流馬です。

今年は始動戦となる大阪杯こそ、スワーヴリチャードのまくりでガラッと変わる流れについていけず大敗を喫していますが、次走天皇賞春では2着と長距離レースでの安定感は抜群。

昨年の京都大賞典も出遅れて大外回ってとかなりの不利ありながら3着で、今回も上位必至!

鉄板馬とします。

 

サトノダイヤモンド

敗戦続きでも人気が落ちないので、馬券妙味のない馬ではありますが・・・

人気になって当然の実力馬であることは間違いありません。

宝塚記念のときに語ったように、サトノダイヤモンドの敗戦は大きな不利を受けているだけでレース内容は抜群のものばかり。

ルメール騎手から乗替なのでシュヴァルグランと比べたら多少割引が必要ですが、今回のメンバーではこちらも上位必至という見解で仕方ないでしょう。

 

穴馬 スマートレイアー

2頭の人気馬は確かに強いです。

しかし、他の馬がわってはいる隙などないかと言われれば、そんなことはありません。

去年の京都大賞典で、シュヴァルグランを負かしているこの馬。

まあ、シュヴァルグランはかなり外を回すレースだったので、実力的にスマートレイアーの方が上かといえば疑問が残りますが・・・

宝塚記念馬ミッキーロケット、香港ヴァース3着トーセンバジルと、シュヴァルグランを除いたメンバーを見ても価値ある勝利。

近走は敗戦が続いているも、内有利で外を回り続けた宝塚記念をはじめ、不利ありのレースばかり。

能力的に衰えた印象はありません★

馬券を買って、さあ勝負!!