【府中牝馬ステークスの予想】ルメール騎手ってだけで、ディアドラ買ってんじゃねえ!!

2018年競馬予想記事

今週は記事沢山書こうと思ったんですが。。。

作業途中の「競馬で一番儲けるに適している馬券は?」という題材があまりにマニアックな内容になりすぎて、僕が閲覧側だったらすぐ離脱するわって感じになっているのでアップが遅れています。

みんな儲けたいから競馬してるわけであって、内容としては重要なので今週中に完成させたいですが、とりあえず金曜日になったので予想記事をあげてまいりましょう。

史上5頭目の牝馬三冠なるか!?

なんて秋華賞アーモンドアイのことばかり話題になっていますが、土曜日のメインにだって去年のオークス馬、秋華賞馬と大物が登場するんですよ。

府中牝馬ステークスの予想をご覧ください。

11頭ダテの少頭数。

競馬は位置取り争いが激しくならない少頭数だとスローペースになりやすいのですが、追い込み馬のディアドラに人気が集まっていますね。

ルメール騎手だからうまく乗るでしょうが、メンバーもハイレベルだしこりゃ飛ぶ可能性高いなと思っています。

なのに人気なのは、圧倒的な外国人騎手の成績でしょう。

もうルメール騎手、デムーロ騎手、モレイラ騎手買えば当たるじゃないですか!

そんな競馬は単純じゃないぞと、外国人騎手を買えばいいと思ってる素人にこの予想でぎゃふんと言わせてやりましょう★

 

鉄板 ソウルスターリング

以前もソウルスターリングとは・・・という記事でお話ししましたが、この馬は2歳時に無敗で阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)馬になり、その後もオークスを制して世代ナンバーワンの座をほしいままにしてきた馬です。

その後は古馬一戦級とやりあって惨敗の日々が続き、牝馬戦でも成績が上がらず、今となっては終わってしまった馬と言われています。

しかし、敗戦レースを調べてみれば内容悪くなく、逆に2.3歳の無敵と言われていた時期はたまたま恵まれたレースが続いていただけなので、馬自体はそんなに変わってないんですよ。

今回の人気どころは同世代牝馬ばかりなので、展開に恵まれれば無敵と言われてた頃のように勝てる相手。

前走は少頭数ながら超ハイペースを先行しただけで、今回こそはスローペースで一変濃厚なので鉄板としました!

 

穴馬 カワキタエンカ

G1でも好走経験ある馬ばかり揃った今回は、この馬じゃ荷が重いと言われそう。

しかしながら、レース内容をみてみると、桜花賞、秋華賞と超ハイペースを逃げてタイム差さほどない7着、5着。

展開不利でこれなら、実力は十二分にG1級と言えます。

もっというと、秋華賞ではアエロリットより断然強い競馬をしていますからね。

単走でないと急に走らなくなることがあり、陣営もそれをわかってか無理にでも単騎逃げの指示が出ることがあるっぽくて、超ハイペースのレースが続いているのは不安要素ですが・・・

外枠を引いた今回なら、周りの馬を気にしてペースをつり上げる必要なし。

能力十分、展開にも恵まれそうと、カワキタエンカにとって絶好の条件が揃いました!

これで予想オッズ9番人気はおいしすぎるだろ★

馬券を買って、さあ勝負!!