【菊花賞の予想】ブラストワンピース、エタリオウ、エポカドーロを一緒にするな!

2018年競馬予想記事

もっとも強い馬が勝つレース、菊花賞の予想をやっていきましょう。

先週のアーモンドアイ一強ムードから一変。

ブラストワンピース、エタリオウ、エポカドーロと三頭が人気を分け合う混戦模様。

なんですけど、この時点で僕はツッコみたい。

もうこの三頭の勝負づけ、済んでますからね!

 

ブラストワンピース

戦績は5戦4勝、唯一の敗北が日本ダービーの5着。

その敗北も直線前が空かない不利ありなので、まともなら無敗のダービー馬だったと神格化されているところがあります。

けれど実際に日本ダービーを見てみると、ブラストワンピースが受けたのはそんな大きな不利じゃありません。

スローを先行した道中は恵まれてますし、直線前が空かなかった時間もほんのわずか。

残り400m地点ではしっかりスペースを見つけ、スパートをかけるも届かず0.2差の5着です。

無敗の日本ダービー馬の可能性を完全否定はしませんが、レース内容的にはエポカドーロ・コズミックフォースと互角かちょっと上くらいの評価が妥当でしょう。

 

エポカドーロ

皐月賞1着、日本ダービー2着。

実績断然のエポカドーロですが、実は皐月賞・日本ダービーともに展開に恵まれての好走なので、菊花賞も上位必至かと問われればNOです。

むしろ日本ダービーで互角の勝負をしたコズミックフォースが、セントライト記念で7着に惨敗したことを考えると、弱い可能性が高いとすら考察できます。

ちなみに僕は上記の通り、エポカドーロ弱い説を全力で推奨しますw

だからブラストワンピースもダービーの内容を見るとエポカドーロと大差ないのでそんなに評価していないんです。

そう、僕が強いと思っているのは三強最後の砦!

 

鉄板 エタリオウ

人気馬ではありますが、これが鉄板馬でいいでしょう。

日本ダービーは斜行しながら強引に伸びているので褒められたものじゃないですが、それでもエタリオウ以外の上位5頭がすべて4角先頭集団という超先行有利のレースを、ただ1頭15番手から差してきた内容は圧巻!

この時点で日本ダービー勢では能力断然が明らかであり、極め付けは神戸新聞杯。

日本ダービー上位組が集まったハイレベルなメンバー構成かつ、36.7-34.6の超スローペースを、10頭ダテの10番手から追い込んで2着を確保です。

内容は圧倒的で、本番となる菊花賞もよほどの不利がないかぎり上位必至とみて鉄板馬に推します。

 

まあ、三強の比較はこんなものですが、僕の腕の見せ所はここから。

人気馬を買っても競馬はマイナスになると散々言っているんだから、穴馬で上位に来る馬を当てなきゃ意味ないだろというところですよね。

菊花賞にもちゃんといます!期待の穴馬が!

 

穴馬 シャルドネゴールド

強い馬を見つけたら、その馬の過去レースを徹底して調べれば、たくさん強い馬が見えてきます。

ということでエタリオウの過去レースを洗っていたら、たまたま見つけたんです。

シャルドネゴールドVSエタリオウ。

5走前の出来事なので、JRAの馬柱には出てこないし見落としている人もいるんじゃないでしょうか。

レースは37.2-35.1の超スローペース前残り。

4角での順位は先頭シースプラッシュ、2番手エタリオウ、3番手アイトーン、4番手シャルドネゴールドで、最終結果は1着シャルドネゴールド、2着エタリオウ、3着シースプラッシュ、7着アイトーン。

着順だけ見ても、エタリオウよりシャルドネゴールドの方が強い内容なんですよね。

レースを見ればもっとよくわかります。

どちらも特に不利などなく、きっちり1/2馬身差つけていますので。

ちなみに6走前、現在4番人気ジェネラーレウーノとハナ差の勝負をしているように、この馬は菊花賞メンバーと比較しても明らかに強いのに、近走しか載っていない馬柱が多いためかまったく人気にならないみたいです。

これはおいしいの一言、十分一発あるぞ★

馬券を買って、さあ勝負!!