【天皇賞秋の予想】レイデオロ、スワーヴリチャードを軸にするくらいなら、絶対こっちでしょ!

2018年競馬予想記事

秋古馬三冠の1戦目。

天皇賞秋の予想をやってまいりましょう。

秋天といえば、デムーロ騎手のパフォーマンスが印象に残っていますね。

天皇皇后両陛下に敬礼。

イケメンは何やっても絵になる、かっこいいんですよ。

そのスキルを少し分けてもらいたい!

今年もデムーロ騎手が勝てば、何かみせてくれるんでしょうか?

 

スワーヴリチャード

話題のデムーロ騎手は、この馬を選びました。

現在単勝2.8倍の1番人気です。

春に天皇賞秋と同距離2000mのG1大阪杯を勝利しているので、人気になって当然でしょう。

しかし、鉄板馬にするには足りません。

この馬の好成績って、デムーロ騎手のこれしかないという神騎乗が発動しまくってるんです。

アルゼンチン共和国杯、金鯱賞、大阪杯。

上記三つは勝利しているので評価を落とす必要はありませんが、安田記念がどうしてもひっかかっています。

内有利の馬場を最内で溜めるという最高の騎乗に恵まれながら、直線伸びあぐねての3着。

着差は0.1秒だし、初の1600mだし、それほど悲観する内容ではないんですけど。

富士ステークスでお話したとおり、マイル戦線は中長距離戦線と比べてメンバーレベルが落ちるので、安田記念で展開に恵まれたなら圧勝してくれないと中長距離戦線では不安が残るという判断です。

スワーヴリチャードが鉄板でないなら・・・

 

レイデオロ

こちらはルメール騎手に選ばれた馬ですね。

現在単勝4.0倍の2番人気。

去年のジャパンカップでは、キタサンブラックを展開不利ながら差し切り。

前走のオールカマーも、コースロスなく仕掛けどころ完ぺきだったアルアインをきっちり交わすなど、中長距離戦線のトップクラス相手に強いレース内容。

能力は文句なしでしょう。

しかし、このレイデオロも鉄板馬には足りません。

 

そう!

天皇賞秋には鉄板馬と思える馬がいないのです。

少頭数で単純に1頭1頭の的中率は高いので、鉄板馬を指名しやすいと思われるかもしれません。

しかし、スワーヴリチャードもレイデオロも、少頭数はマイナスなんですよね。

なぜならスローペースになりやすいから。

とちらもスローペース早まくりの経験があるように、スタート上手くない馬なので後方からの競馬になりがちです。

スワーヴリチャード、レイデオロと言えど、ハイレベルな先行馬がいるレースで展開不利なら取りこぼし要注意!

そこで僕が期待しているのは・・・

 

穴馬 アルアイン

前走、レイデオロと同タイムのクビ差なのに、現在単勝12.0倍の5番人気。

なぜここまで差が付いてしまったのかは、やはり完ぺきな騎乗で敗北したオールカマーが大きいでしょう。

しかし、前述の通り天皇賞秋はスローペース濃厚。

オールカマー以上に恵まれる可能性は大ですし、レイデオロを逆転する姿も想像に難くありません。

それでこの人気なら、ちょっと美味しすぎるでしょ★

馬券を買って、さあ勝負!!