【JBCレディスクラシックの予想】ラビットランVSカワキタエンカ!?リスグラシュー、モズカッチャンを沈めた2頭が今度はダートであいまみえる!

2018年競馬予想記事

今週はG1が1日3つもあるスペシャルウィーク。

京都競馬場で、地方持ち回りだったJBC競走が行われます♪

他にもアルゼンチン共和国杯、ファンタジーステークス、京王杯2歳ステークスと、土日でなんと重賞6つ!!

いやー、予想しても予想してもまだ大きなレースが残っていて、競馬大好き人間の僕には幸せなことこの上なしですよw

そんなこんなで各レースの出走メンバーを眺めていると、あれあれあれ??

モズカッチャン、リスグラシュー、ファンディーナが名を連ねたローズステークスで、ワンツーを決めた2頭がいるじゃないですか!

これは気になる、ということでJBCレディスクラシックの予想からはじめてまいります。

 

カワキタエンカ

ローズステークスで、ハイペース大逃げをかましながら2着に逃げ粘った馬ですね。

秋華賞でも超ハイペースをアエロリットより前で競馬しながら先着など、能力はG1馬と比べても何ら遜色ないんですが、、、

競りかけてくる馬がいないのにハイペースで自滅するレースが多く、競馬は上手じゃありません。

ちなみに僕はこの馬、大好きですw

競馬が派手で見ていて爽快ですし、なんといっても能力は高いのに人気にならない!

もちろん今回も馬券を買うんですが、軸にはしません。

JBCレディスクラシックは、近走の逃げ先行で好成績の馬が多く、先行争いが激しくなりそうなんですよね。

ただでさえカワキタエンカは、初ダート、馬込み苦手、競りかけられなくてもハイペースで自滅するなど不安要素が多いのに、ハイペース濃厚なメンバー構成かつ思ったほど人気薄じゃないのは残念。

むしろカワキタエンカが前を全部潰してくれると決め打ちして、軸は穴目の差し馬を推したいわけです♪

 

鉄板 ラビットラン

1番人気っぽいですが、この馬しかないでしょ!

2走前のスパーキングレディーは、常に大外を回るロスありながら3着。

前走のブリーダーズゴールドも道中やはり外を回すロスありを、3コーナーからまくって楽勝、上がり3Fも断然という圧巻のレース内容。

このときの2.3着が、今回2.3番人気候補であるプリンシアコメータ、クイーンマンボなので、上位人気勢ではラビットランが抜けて強いと考えていいです。

逃げ馬有利となりやすい地方競馬場から、京都競馬場に舞台が変わるのもプラス。

これだけ条件が揃えば人気になって当然で、自信の鉄板馬に指名します。

 

穴馬 ヤマニンアンプリメ

ラビットランを含め、上位人気は最近の地方競馬で好成績を残している馬ばかり。

地方交流が乏しくて人気どころと比較しづらい馬か、強いけれど脚を余して着順落としているだけの差し馬を、穴として狙いたいレース。

ヤマニンアンプリメどちらの条件にも当てはまります。

出走レースは中央の1200m、1400mばかりで比較難しく、しかしモーニンなどG1級の馬相手にも差のないレースができる実力馬です。

唯一今回の人気上位と比較できる地方交流戦マリーンカップで、アンジュデジール、クイーンマンボに負けているので、軽視されがちなのかもしれませんが・・・

VTR見ればわかます、マリーンカップのレース内容は明らかにその2頭以上ですから。

地方競馬らしい先行内有利のレースを、上位2頭は内側走り続けただけに対して、ヤマニンアンプリメだけかなり外を回すロスがありながら差のない3着。

不安があるとすれば、土曜日の貴船ステークスにも登録していることでしょう。

貴船ステークスなんて牡馬混合だし、3歳馬で能力はオープン級だけどクラス上がりきっていない強豪が多く登録しているので、JBCレディスクラシックよりメンバーレベルが高い可能性まであるのに・・・

陣営の気持ちを考えると、JBCレディスクラシックには直接対決で負けている馬も出てくるし、無理にG1使うよりは条件戦を使っていこうと、貴船ステークスに向かうような気もするんです。

出走さえ叶えば、絶好の穴馬★

馬券を買って、さあ勝負!!