【JBCスプリントの予想】マテラスカイの一人旅!?それとも大暴走!?

2018年競馬予想記事

前走負けたのに相変わらずマテラスカイが断然1番人気ですね。

もうこのレースが楽しみで仕方ありません!

だって絶対荒れるでしょw

今週1番の勝負レース、JBCスプリントの予想をはじめてまりいます。

このレースが荒れると想定するのはなぜか!?

マテラスカイがいるからに他なりません。

 

マテラスカイ

この馬、昔は重賞勝ち馬になるなんて信じられないほど、平凡な馬だったんですよ。

13戦してわずか2勝、500万下、1000万下をさまよっていました。

しかし、14戦目で逃げを試してからガラッと変わったんですね。

海外挑戦を除けば、4連勝でプロキオンステークスを勝利!

晴れて重賞勝ち馬となりました、レコード圧勝のおまけ付き。

サイレンススズカのように、逃げて粘り込むのではなく、逃げて突き放すという見た目派手なレースをするので、人気になるのもわかります。

ただ、前走はいつものようにスタートからすっ飛ばすのではなく、押さえて逃げていたんですよね。

結果いつもの突き放す競馬ができず4着敗退。

僕はあれ、G1前に馬込み苦手かどうかを確かめたんじゃないかと思うんです。

基本的にはスローの方が前有利なんだから、押さえて逃げて良い結果が出せれば、それにこしたことはないと。

ただ結論はでました、マテラスカイは単騎で逃げなきゃ普通の馬です。

JBCスプリントはそれを踏まえたうえで、マテラスカイがひっぱる超ハイペース濃厚。

人気どころ総つぶれの可能性も十分で、穴を狙うなら差し馬しかありません!

僕が目を付けたのは・・・

 

穴馬 キングズガード

去年のプロキオンステークス覇者で、マイルチャンピオンシップ、チャンピオンズカップといったダート王道路線のG1でも上がり最速経験を持つ、末脚自慢の馬です。

しかしながら、1年以上勝利から遠ざかっており、ついに前走オープン特別でも4着に敗れる体たらく。

もう全盛期の力はないと判断している人も多いと思います。

けれど着順に反して、上がりは今でも常に上位なんですよね。

衰えたというよりは、展開恵まれず脚を余しているだけと見るのが正しそう。

超ハイペース必至のここで、輝きを取り戻す★

馬券を買って、さあ勝負!!