【JBCクラシックの予想】ノンコノユメでも、サウンドトゥルーでもない!直線一気のアノ馬!

2018年競馬予想記事

最後はJBC競走のメインレース、JBCクラシックの予想をしてまいります。

ケイティブレイブに人気が固まると思っていましたが、現在単勝4.6倍の3番人気。

1番人気がサンライズソア3.6倍、2番人気がオメガパフューム4.5倍と、競馬ファンの意見もかなり割れているようですね。

 

サンライズソア

ここまで人気になっているのは、簡単に言えばルメール騎手。

3週連続G1勝利がかかってますし、まあ菊花賞にしろ天皇賞秋にしろ外人騎手のワンツーフィニッシュが続いているので、この騎手が乗ればとりあえず買わなくちゃとなる気持ちはわかります。

ただ、肝心な馬の実力はというと・・・

僕はサンライズソア、このメンバーじゃ通用しないと思います。

戦績はぱっと見、強いんですよね。

上位が差し馬ばかりのところを、唯一先行で粘り込んでいるみたいな。

しかし、例えば前走のシリウスステークスを見ると、ちょっと前にサンライズソアを破っているナムラアラシが、サンライズソアよりかなり後ろであったように、1.2着は差し馬だけどレースとしては先行有利だったっぽいんですよね。

そう、平安ステークスも、名古屋大賞典も、サンライズソアが強いと言うよりは、他の先行勢が弱すぎてサンライズソアが目立っているだけなんです。

実際はインカンテーションとやりあって、斤量軽いながら敗れてしまうくらいの実力馬。

優秀な先行勢が集まった今回は、分が悪いという評価です。

 

鉄板馬 オメガパフューム

サンライズソアでお話ししたように、おそらく先行有利のシリウスステークスで、恵まれたサンライズソアを差しきった実力馬。

ジャパンDDを2着するなど、今年の3歳世代トップレベルの実力馬です。

ちなみにジャパンDDの勝ち馬ルヴァンスレーヴが、古馬ダート界の最強ゴールドドリームに楽勝しているように、今年の3歳世代は相当レベルが高いです。

また中団からの競馬が持ち味のこの馬にとって、逃げ馬が多いJBCクラシックのメンバー構成はプラス。

鉄板馬に推奨します。

 

穴馬 センチュリオン

白山大賞典は、2着と1.1秒差つけるというグリムの強さばかりが目立った一戦。

でも、見所はもう一つあったんです。

センチュリオンが地方競馬の超前残りを、上がり最速で2着まで持ってきたこと。

初の重賞制覇マーチステークスが先行策だったため、センチュリオンに追い込み馬の印象はないかも知れません。

しかし、もともとラジオ日本賞、斤量有利サンライズソアを11番手からの後方一気で負かしているように、末脚自慢の有力馬。

これだけ先行勢多くて、差し競馬になりそうなのに、サンライズソアより人気がないのはおいしいねぇ★

馬券を買って、さあ勝負!!