【エリザベス女王杯の予想】ノームコア、モズカッチャン、リスグラシューが1.2.3番人気!日本人騎手の信頼は地に落ちた!

2018年競馬予想記事

1番人気ノームコア、ルメール騎手。

2番人気モズカッチャン、Mデムーロ騎手。

3番人気リスグラシュー、モレイラ騎手。

なんじゃこりゃw

日本人騎手の信頼は地に落ちていますねー。

ルメール騎手が4週連続G1勝利をしていることからも分かるとおり、確かに外人騎手はうまいです、結果も出しています。

しかし、全部勝てるわけじゃありません。

強い馬ばかり乗せてもらえるルメール騎手でさえ、勝率は2割7分程度なんです。

外人騎手しか勝たないと多くの人が思っている中で、ずば抜けて強い馬が不在の混戦レースは、穴党にとって絶好の狙い目レース!

エリザベス女王杯の予想をはじめてまいりましょう。

 

ノームコア

ルメール騎手が選んだ馬ですが、僕これ全力で否定します。

だってこれまでのレース内容が弱いんです。

スローペースのフラワーカップでは、先行対決のカンタービレだけでなく、差したトーセンブレスにも2馬身離される体たらく。

フローラステークスもコース取りを見れば、パイオニアバイオより恵まれているのに敗北。

紫苑ステークスは圧勝でしたが、これも楽に逃げていた格下馬ランドネを早め潰しての一人旅。

同世代の中堅どころに展開に恵まれながら負けている馬が、エリザベス女王杯で通用するとは思えません。

ルメール騎手効果で人気になるのはわかりますが・・・

現在単勝4.0倍の1番人気は明らかに過剰、競馬ファンは何を見てるんだと言いたくなります!

ノームコアであれば、僕はカンタービレを推します。

しかし、カンタービレも秋華賞を追い込み策で3着しているため、今回も追い込んで外をまわりそうで、上位安定かと言ったらそうでなし。

人気馬を見ても、ノームコア、モズカッチャン、リスグラシューともに、外をまわって沈む可能性を秘めています。

鉄板になる馬はおらず、僕が目を付けたのは・・・

 

穴馬 レイホーロマンス

愛知杯、中山牝馬ステークス、福島牝馬ステークス、マーメイドステークスと、展開不利ながら大きく負けていないように、牝馬重賞戦線ではトップレベルの能力馬。

マキシマムドパリあたりを見てわかるように牝馬重賞戦線でトップぐらいでは、牡馬G1級とやりあう牝馬が集まるエリザベス女王杯では分が悪いと見るのが普通ですが・・・

レイホーロマンスはもともと天皇賞5着チェスナットコートを同斤量でまともに倒しており、牡馬G1級とやりあう牝馬と比べても遜色ありません。

内有利になりやすい京都G1で2枠3番、最高の舞台が整った今回!

近走の着順だけで人気が落ちているなら買うしかないでしょ★

馬券を買って、さあ勝負!!