【マイルチャンピオンシップの予想】誰にも教えたくない!モズアスコット、アエロリットより明らかに強いあの馬!

2018年競馬予想記事

このレース、みんな強い馬を勘違いしています。

マイルチャンピオンシップの予想をはじめてまいりましょう。

NHKマイルカップ馬のアエロリット、ケイアイノーテック。

桜花賞馬のレーヌミノル。

皐月賞馬のアルアイン。

マイルチャンピオンシップ馬のペルシアンナイト。

安田記念馬のモズアスコット。

ヴィクトリアマイル馬のジュールボレール。

これだけのG1馬が揃った超ハイレベルなレースですが、人気は相変わらずルメール騎手、デムーロ騎手、モレイラ騎手の3人に集まっています。

しかし、ちょっと待て!!

このレースは力の差がはっきりしていて、しかも強いのはモズアスコット、アエロリット、ペルシアンナイトの3頭じゃありません。

本当の3強は・・・

今週の自信レース、予想を見なきゃ絶対損ですよ★

 

アエロリット

春のマイル王決定戦である安田記念2着。

前走の毎日王冠楽勝。

ムーア騎手。

人気になる要素がつまっていて、現在2番人気の単勝4.0倍です。

しかし、今回のメンバーでは通用しない可能性が高いと思います。

毎日王冠は内先行有利の馬場を最大限に生かしての勝利だったことは、同じコース取りをしたステファノスが天皇賞秋で惨敗していることからもわかります。

安田記念の2着も、内先行有利に恵まれての2着。

今回、安田記念よりも断然メンバーレベルが上がることや、展開に恵まれにくい枠を引いてしまったことなど考慮すると惨敗濃厚!

先行有利だったときのアルアインのヒモ、くらいの評価が妥当です。

この馬が2番人気を背負っている時点で、絶好の狙い目レースなわけであって・・・

 

本当の3強 アルアイン、ペルシアンナイト

マイル戦線は富士ステークスの時もお話ししたように、クラシック路線よりメンバーレベルの低い馬が集まるレースです。

クラシックで活躍できず、NHKマイルでG1馬の称号を得ているアエロリット・ケイアイノーテックより、皐月賞で優勝争いをしたペルシアンナイトが能力上であるのは当然なんです。

モズアスコットもアエロリットと同じように、安田記念は内待機でロスなく立ち回った好騎乗と、今回より下がるメンバーレベルのお陰で勝ち取れたG1勝利。

この1.2番人気は、3強なんていえません。

まあそんなこと言いだしたら、3番人気に甘んじているペルシアンナイトも、前走5着で弱いじゃないかとか言われそうですが・・・

それはレースを見ていないから。

実際、富士ステークスで1番レース内容が強かったのはペルシアンナイトだと思います。

ややスローペースの内枠先行有利だった馬場を、59㎏を背負いながら外回し続け、直線も前が空かずにブレーキあっての5着は、1着ロジクライ、4着エアスピネルより上と見ていい。

むしろあの富士ステークスのお陰で、僕はこの馬が3強の1角だと胸をはって言えるのです。

ちなみにエアスピネルは、今年の内容を見ると去年ほどの力はないように見えますね。

ペルシアンナイトが強いなら、皐月賞で互角の勝負をしたアルアインも当然3強の1角。

最後の1頭は・・・

 

穴馬 ステルヴィオ

内有利の毎日王冠で外回し続けての2着。

馬場を考えるとアエロリットより大分強く、古馬トップレベル相手にも通用することがわかりました。

もともと朝日杯2歳ステークスで、ケイアイノーテックより不利あり先着していて、今回出走する3歳馬では断然。

しかも、今回は1枠1番です!

京都G1が内有利になりやすいことは周知の事実であり、3強の1角であるこの馬がこの枠をひいたとなれば上位必至!

鉄板馬に推そうと思ったところ・・・

5番人気らしいので穴馬にしました。

競馬で儲かるためには、ステルヴィオのように人気がないのに強い馬を買えばいい★

馬券を買って、さあ勝負!!