【中日新聞杯の予想】ハクサンルドルフ、自信あり!!

2018年競馬予想記事

今週土曜日のメインレース、中日新聞杯。

NHKマイルカップ2着のギベオン、セントライト記念3着のグレイルと、3歳馬の強豪どころが古馬混合を戦うということで注目を集めている1戦です。

ジャパンカップ、有馬記念という古馬中長距離G1の合間にあるレースのため、古馬の超一戦級がでないことを考えると3歳勢の方が信頼できるという見方もできるんですが・・・

この記事を読んでいる方は勝負してほしい!!

今回、僕の自信あり穴馬が登場するんです★

それでは中日新聞杯の予想をはじめてまいりましょう。

 

ギベオン

NHKマイルカップはハイペース前つぶれを唯一先行して粘り込んでおり、非常に強いレース内容でした。

しかし、クラシックトライアルのセントライト記念では、展開に恵まれながら最後の直線を待たずして失速。

NHKマイルカップのメンバーレベルが弱すぎた可能性、距離不安の可能性など、問題が山積みながら1番人気候補なら、馬券を買う必要はないというのが僕の見解です。

 

穴馬 ハクサンルドルフ

先週の中京競馬場芝を見るかぎり、内有利の傾向はなく差し馬も好走できる状況。

加えてテンの速いマイスタイルをはじめ、先行馬が集まっているというハクサンルドルフにとって絶好の舞台が整いました♪

オープン特別以上のクラスは未勝利で、実績は今回のメンバーでも格下の部類ですが・・・

ハイレベルなメンバーが集まった東京新聞杯を、大外まわる距離ロスに加え、スムーズに抜け出せない不利がありながら追い込んできた内容は、先日悲願のG1勝利を達成したリスグラシュー以上!

能力を見誤られている今が最大のチャンスだ★

馬券を買って、さあ勝負!!