【有馬記念の予想】レイデオロか、キセキか、オジュウチョウサンか!?2018年の最強馬決定戦!

競馬予想記事

さあ、年末の大一番、有馬記念がやってまいりました!

本命党も穴党も、このレースだけは何が何でも当てたいはず。

そう、有馬記念は特別なんです。

ダービーが世代の頂点を決めるレースなら、有馬記念は世代を問わず今年のサラブレッドの頂点を決めるレース。

今年も牡馬牝馬、3歳馬に古馬、障害最強馬まで。

各路線を盛り上げた人気馬が、最強を決めるため集まりましたよ (*゜ロ゜)

テンポイントトウショウボーイ、グラスワンダースペシャルウィークなど、これまで数々の名勝負が繰り広げられたこのレース。

今年はどんなドラマが生まれるのかと思うと、日曜日が待ちきれない方も多いんじゃないでしょうか。

そういう僕もトウカイテイオー奇跡の復活に魅せられて競馬の世界に脚を踏み入れたので、有馬記念への思いはひとしお。

ここは絶対当てたいわけですが、、、

じゃあどの馬を本命にすれば良いのか、これが一筋縄ではいきません。

特に近年は有馬記念にかぎらずすべてのG1で、高速馬場の内先行有利になりやすい傾向があり、強い馬でも展開によって惨敗するのが日常茶飯事です。

馬場整備が進歩している証ですが、ここを理解して予想するかしないかで的中率は大きく変わります。

そのことを頭に入れて、有馬記念の予想をはじめてまいりましょう。

ばっちり的中させますよ!(`・ω・´)

 

レイデオロ

現在単勝2.3倍の1番人気。

天皇賞秋の内容がとにかく強いです。

前述の通りの内有利馬場かつ、36.2-34.5の超スローペース先行有利で、2~5着は先行したキセキ、アルアイン、コーナー最内をついたサングレーザー、ミッキーロケットが名を連ねる中、唯一外を回して1と1/4馬身差をつける楽勝。

キセキがその後のジャパンカップで、これまた恵まれたとはいえアーモンドアイ以外を3馬身以上の差でちぎっていることを考えると、レイデオロの能力は別格だったと言えます。

しかしながら、有馬記念もテンの速い馬がまったくおらず、三度キセキのスローペース楽逃げ展開が濃厚。

差す競馬が持ち味のレイデオロには向かない展開となりそうで、絶対的な信頼はおけません。

僕は押さえ評価でいきますよ!

 

キセキ

現在単勝4.7倍の2番人気。

近走は展開に恵まれたレースが続いており、それ以前のレース内容を見るとパフォーマプロミスと互角くらい。

人気なら切りたいところなんですが、レイデオロの短評で語っているとおり、今回も展開に恵まれそうなんですよね。

レイデオロ同様、人気でも切れない1頭です。

 

とまあ人気2頭を切れないのは残念ですが、ここから怒濤の穴馬推しです!!

有馬記念はこれらを中心に、大穴を狙いましょう♪

 

クリンチャー

現在単勝14.3倍の6番人気。

皐月賞、菊花賞を見るかぎり、キセキ・アルアインあたりと能力は互角。

包まれると能力発揮できないところがありますが、今回は単騎逃げ、もしくは単騎2番手で包まれず競馬ができるパターンも十分考えられるので、前残り想定なら欠かせない1頭でしょう。

海外遠征の大敗が影響してか、大きく人気を落としている今回は狙い目です。

 

サトノダイヤモンド

現在単勝19.9倍の9番人気。

内有利の馬場を外回し続けて快勝した京都大賞典は、現在4番人気のシュヴァルグランより能力上とみていいレース内容でした。

ジャパンカップも道中最内通った馬が1~3着を独占する中、シュヴァルグラン以上にロスの大きい展開に泣かされての6着で、悲観する必要はありません。

最近前目で競馬をしていないのが不安ですが、トップクラスの能力を持ちながら不運が続いての人気落ちなので、能力重視で馬券を買う人にとってはおいしい1頭です。

 

穴馬 マカヒキ

現在単勝48.1倍の12番人気。

日本ダービーのサトノダイヤモンド、ジャパンカップのレイデオロ。

この2戦は勝負付けが済んだと言えるレースで、能力的にはトップクラスに劣りますが・・・

札幌記念の内容が大外を回し続けてモズカッチャンやサングレーザーと互角に走っており、年齢的な衰えはまったく感じません。

前走の天皇賞秋も、内先行有利をスタートでよろけて最後方からの競馬になってしまっただけ。

内待機が上手な岩田騎手なら、日本ダービーの再現あるぞ★

馬券を買って、さあ勝負!!