【CBC賞2018の予想】ダイメイフジ、アサクサゲンキ、ワンスインナムーンが上位人気!これは荒れる!

2018年競馬予想記事

夏競馬はやっぱり弱い、重賞でも重賞じゃない!

今日はそんなCBC賞の予想をしてまいります。

ラジオnikkei賞も500万下を勝ち上がったばかりの馬が1番人気でやばいですが、こちらも負けてません。

ダイメイフジ、アサクサゲンキ、ワンスインナムーン。

重賞勝利の経験なしが1.2.3番人気想定。

確かに今回のメンバーでは能力上位と思うのですが、人気ほどに勝てる気配はありません。

 

ダイメイフジ

前走の安土城ステークスでモズアスコットに勝利したことが、断然人気を背負うことになった大きな要因でしょう。

モズアスコットはこの敗北ののち、連闘で安田記念に出走して見事に優勝。ダイメイフジは事実上、G1馬に勝ったことになります。

しかし、安土城ステークスのレース内容を見ると・・・

コーナー内待機でロスなく立ち回り、直線だけ外に出したダイメイフジに対し、モズアスコットは終始外を回し続ける不利ありでのタイム差なし2着。

35.6-33.7というドスローを追い込んで勝利したのは見事ですが・・・

1~7着はモズアスコット以外みんな内をついていること、モズアスコットより斤量有利だったことを考えると、ダイメイフジがモズアスコットと互角は言い過ぎ。

モズアスコットの方がかなり力は上という評価が妥当です。

あくまでG1馬モズアスコットに劣るだけで、オーシャンステークスの強い内容から、スプリント戦線ならトップクラスの馬であることは確か。

人気になりすぎの今回、穴党の僕としてはただただ展開不利で沈むことを願います。

 

アサクサゲンキ

古馬一線級と初対決なので、3歳のレベルにもよりますが、

①小倉2歳ステークスで潰しているモズスーパーフレアが、強いメンバーの1000万下を快勝していること。
②この時期の3歳は混合戦での斤量利があること。

以上2点より、ここでも能力上位の可能性は十分と思います。

しかし、例年CBC賞は超ハイペースで差し馬が通用しやすいレース。

開幕週で馬場が荒れていないかつ、賞金を加算するため前目で競馬をしたいからか、逃げをうってくる陣営が多いんですよね。

今年もトウショウピスト、アクティブミノル、ワンスインナムーンとテンの早い馬が揃っており、先行勢も充実していて超ハイペース必至。

穴を狙うなら、前目につけた人気どころは全滅という想定が一番しっくりきます。

アサクサゲンキもすっぱり切りますよ!

 

ワンスインナムーン

こちらも人気ほどの信頼はおけない1頭です。

スプリンターズステークス3着は、レッドファルクス以外道中内をついた馬が上位独占したレースで、この馬も単騎逃げに恵まれた3着と見るのが妥当です。

G1のように格の高いレースで上位を取った馬はその後も過大評価されがちですが、レース内容をしっかりと把握したうえで、今回のメンバー、配当のバランスを見て馬券を選ばなければなりません。

ダイメイフジ同様、決して弱い馬ではないんですが、G1で3着するほどの実力は持ち合わせておらず、超ハイペース想定の僕は買いません。

 

と人気馬をけなしてきましたが、ここからが本番。

僕が目を付けた馬は!

 

フミノムーン

開幕週は馬場が整備されるので、高速馬場の内先行有利になりやすいのは間違いありません。

しかしながら、実際にどういう馬場になっているかは走ってみないと分かりません。

中京競馬場の芝は本日の結果を見ると、好タイム連発の高速馬場ではありますが、外をまわった馬が結構馬券になっているように外不利ではなさそうです!

CBC賞はテンの速い馬が多いことから、超ハイペースの差し馬天国想定。

フミノムーンは差しの届く馬場であれば、シルクロードステークスでセイウンコウセイとクビ差、ナックビーナスに先着する力を持っており、絶好の狙い目★

馬券を買って、さあ勝負!!