【高松宮記念の予想】モズスーパーフレアがいて、ハイペースにならないわけがない!

競馬予想記事

今年の高松宮記念は、ファインニードルが引退して絶対王者不在。

ダノンスマッシュが予想オッズでは1番人気ですが、展開に恵まれての重賞2連勝なうえ、今回は先行勢にとって過酷な展開となりそうで、とぶ可能性十分でしょう。

なぜなら、モズスーパーフレアがいるからです!

前走はテンの3ハロン32.3秒の超ハイペースを逃げ切って重賞制覇。

ハイペースだと勝つことが多いのに、平均からスローペースでは負けることが多いという、ちょっと変わった実績の持ち主なので、今回も当然ハイペースで逃げてくること必至なんです。

さあ、有力な先行馬がみな潰れて、大荒れするがいい!!

高松宮記念の予想をはじめてまいりましょう★

ダノンスマッシュ

シルクロードステークス、京阪杯。

重賞を2連勝しており、勢いは今回の出走馬の中でも群を抜いているでしょう。

しかし、どちらも内枠を引いたことでコース取りに恵まれており、能力差で勝ち取ったレースではありません。

では実際のところ、どれほどの能力と見ればいいのでしょうか?

僕はかなり低く見積もっています。

ポイントは3走前のキーンランドカップ!

53キロという軽斤量に加えて、スローの内先行有利をインコース2番手追走という絶好の展開に恵まれながら、ナックビーナスに2と1/2馬身差をつけられる完敗。

今回12番人気と低評価をうけているペイシャフェリシタに、クビ差先着しただけなんです。

まあ、ペイシャフェリシタが12番人気というのが過小評価すぎるところもあるんですが、ダノンスマッシュが過大評価であることは明白。

13枠を引いて展開的にも厳しい今回は、ばっさり切りたいところです。

 

モズスーパーフレア

前走オーシャンステークスは衝撃でした。

テンの3ハロンを32.3という超ハイペースで逃げながら、強敵ナックビーナスに1と1/4馬身差をつける楽勝。

テンの速さが持ち味で、初G1挑戦の今回もどんなペースで逃げるのか期待がかかります。

しかし、実はこのオーシャンステークス、ラップを見ると超ハイペースですが、先行勢や内をついた馬が上位を独占しているように、高速馬場の影響が非常に大きかったと見ることもできます。

3走前のラピスラズリステークスでは、今回より大分落ちるメンバー相手に敗北を喫したところをみると、過大評価は禁物!

 

このように1.2番人気になりそうな2頭が、不安たっぷりな今年の高松宮記念。

僕は当然大穴を狙っていきます。

モズスーパーフレアがいる時点で、超ハイペースは免れないとくれば・・・

 

穴馬 ティーハーフ

この馬しかいないでしょう。

追い込み一辺倒なので、展開が向かない時はボロ負けですが・・・

前走はダノンスマッシュ、アレスバローズ、ダイメイプリンセスなど、短距離の決め手自慢が揃っている中で上がり最速をマーク。

前走以上に速くなることが予測される今回は、一発あっても不思議じゃない♪

馬券を買って、さあ勝負!!