【函館記念2018の予想】なめられすぎだ!サクラアンプルール!

競馬予想記事

1000m通過が58.2!?

2018年七夕賞は、先行馬が少ないメンバー構成でハイペース、かつ直線手前で故障馬が出たことで、三連単256万円という超万馬券決着となりました。

夏競馬は荒れると再認識した人も多かったのでは・・・

しかし、実際は夏競馬が荒れるわけでなく、2018年七夕賞という1レースにおいて荒れる要素が多く発生してしまっただけです。

夏競馬でも本命同士で決まるレースの方がもちろん多いわけであって、荒れる可能性が高いレースかどうかは夏競馬というグループではなく、1レース1レース独立事象であり、メンバーや馬場など綿密に調べなければ見えてこないことを念頭に、函館記念の予想をしていきましょう♪

 

トリコロールブルー

現在1番人気です。

1600万下、オープン特別の2連勝はスローペースの内先行有利で外を回すロスありながら。

函館記念よりレベル高そうな鳴尾記念でも、レコード決着の高速馬場を外回して負けただけであり、人気を背負うだけの実力は兼ね備えている馬です。

今回はルメール騎手なので、騎乗面での心配も少なく、人気になって当然というのが僕の見解です。

1番人気とはいえ現在4.2倍で過剰と言えるほどではないし、紐に入れたい人気馬です。

しかし、軸はやはり穴を推すのが僕のスタイル。

目を付けたのは・・・

 

サクラアンプルール

現在8番人気の14.1倍。

ちょっと目を疑うんですけど、なんでこんなに人気がないんでしょう?

考えられるのは過去10年データの影響でしょうか。

僕も函館競馬場の成績が【0-0-0-2】とか、斤量57.5の成績が【1-0-0-7】のような、サクラアンプルールをよくしないデータを見ました。

しかし、この過去10年データは無意味です。

例えばサクラアンプルールの函館競馬場の成績なんて、1つはダートで、もう1つは大不利で競馬にならなかった函館記念。

函館競馬場の成績が【0-0-0-2】であっても中身がこれでは、サクラアンプルールの函館得手不得手の参考にはなりません。

斤量データも同じで、サクラアンプルールは中山記念、日経賞、札幌記念など、G1に通ずるハイレベルなメンバー相手に好走を繰り返している能力の持ち主ですが・・・

斤量57.5の成績【1-0-0-7】に該当する8頭のうち、ハイレベルな重賞で好走歴のある馬なんてエアソミュール1頭のみ。

能力、臨戦過程などなど、斤量以外何もかも違う馬たちの成績が、サクラアンプルールの成績に関係あるわけありません。

 

無意味な過去10年データで人気が落ちているなら儲けもの!!

函館競馬場は今週からコース変わりで、本日のレースを見るかぎりは内有利。

能力上のサクラアンプルールが3枠ひいたとなれば、勝ってくださいと言われたようなものです★

馬券を買って、さあ勝負!!