【函館2歳ステークス2018の予想】若駒戦で正確な予想をするコツ!!

2018年競馬予想記事

今週は函館2歳ステークスの予想からはじめてまいりましょう。

競馬初心者、中級者の方は、若駒は当たらないというイメージが強く、2歳戦は参加しない人が多いと思います。

実際に去年も同じ週に行われた、函館2歳Sと中京記念の売上を比べてみると、

中京記念 57億6345万5500円
函館2歳ステークス 27億6308万5600円

であるように、2歳重賞は3歳・古馬重賞に比べて、売上は落ちるのが普通です。

僕も過去レースの情報が乏しい若駒戦は、情報の多い古馬戦より的中率低くて当然とは思います。

しかし、競馬で儲けるという意味では、、、

若駒戦でも当たりやすいのに穴馬券というレースが多々あるので、若駒戦であろうと1レース1レース出走メンバーを綿密に調べて、強いのに人気のない馬がいないか見定める必要があります。

函館2歳ステークスに関しては、初重賞ということもあって比較対象となるレースが非常に少ないです。

コツは函館2歳ステークスの前日当日の未勝利戦が、重要な参考レースとなることも多いと言うこと。

函館2歳ステークス登録メンバーに敗北した馬同士があたる未勝利戦がある可能性は十分なので、各々のレース内容を分析すればより精度の高い比較ができます。

まあ、この記事は新聞・雑誌・テレビと同じく、前日当日のレースを見てから書いたのでは間に合いませんので、現時点での僕の見解をご覧ください★

 

ナンヨーイザヨイ・スズカカナロア・アスターペガサス

人気になっている3頭ですが、ナンヨーイザヨイ・アスターペガサスについては新馬戦メンバーのその後のレース内容を見るかぎり、能力上位に見て良いと思います。

スズカカナロアは、新馬戦メンバーがその後まだ結果を残しておらず、同日3歳未勝利戦では12着と同タイム、同日2歳未勝利でもアスターペガサスに完敗しているショウナンアリアナと0.1差しかありません。

ロードカナロアという血統面で過大評価されている感がありますので、僕はこのまま人気ならきりますね。

とはいえ、参考レースが少なくて荒れる要素が十分な2歳戦で、ナンヨーイザヨイ・アスターペガサスの人気馬を軸にするのも馬券妙味がありません。

そこで、僕が目を付けたのは・・・

 

ガイセン

新馬戦は外枠発走でロスが大きい中での楽勝、タイムも同日未勝利で上位に入れる好タイムです。

新馬戦メンバーのその後は上位陣が出走しておらず、とくに参考になるデータがないので比較は難しいですが・・・

兄弟に朝日杯FS 3着のゴットフリートと新馬戦で差のないレースをしたコスモブレードもおり、十分期待できるのに予想オッズ50倍超えは不当人気でしょう!

ナンヨーイザヨイ・アスターペガサスといった人気どころに流してもよし、単複でも妙味あり★

馬券を買って、さあ勝負!!