【小倉記念2018の予想】危険な人気馬?トリオンフとサトノクロニクル

2018年競馬予想記事

先週はトーセンビクトリーがクビ差で馬券圏内を逃すという悔しい状況。

しかしながら、騎乗予定だった岩田騎手が当日骨折というアクシデントがありながらも強豪相手にしっかりと力を発揮しており、予想は上々の手応えを感じています★

今週こそ重賞ダブル的中と行きたいところ、小倉記念の予想からやっていきましょう。

サマー2000シリーズは札幌記念以外、春競馬、秋競馬ではまったく通用しないような馬同士の争いというイメージでしたが、今年はひと味違うようです。

函館記念にはサクラアンプルールが、小倉記念にはトリオンフ・サトノクロニクルが登録メンバーに名を連ねています。

 

トリオンフ

小倉大賞典の圧勝劇以来、勝ち星から遠ざかっていますが、、、

大阪杯、新潟大賞典、鳴尾記念と内を走った馬が上位を独占するなか外を回し続けただけでレース内容は悪くありません。

特に前走の鳴尾記念は不利を受けながらも、恵まれたストロングタイタンと1/2馬身差で走っているので、能力はストロングタイタンより上であることが濃厚。

しかしながら、鳴尾記念は弱点も露呈しており、2枠にもかかわらずスタート後すぐ外に進路を取るという不可解な騎乗をしていました。

ここまであからさまだと、馬込みが苦手で指示が出ていたと判断するのが妥当であり、今後も外を回す競馬に終始する可能性が高いでしょう!

小倉記念は内先行有利になりそうなので絶対視は禁物、僕はヒモにおさえておきます。

 

サトノクロニクル

3ヶ月の休養あけとなりますが、チャレンジカップや阪神大賞典の相手を考えると当然能力上位の馬です。

しかしこちらもトリオンフと同様、今回は外をまわる競馬になりそうで不安要素は十分。

穴を狙うなら内を通りそうな馬がいいですね。

そこで僕が目を付けたのは、

 

レイホーロマンス

近走の着順を見るともう終わったと思われがちですが、、、

福島牝馬は4コーナーで他馬とぶつかり失速の不利、マーメイドステークスは直線で大外に持ち出さざるを得ない不利、七夕賞は終始大外を回すなどスムーズな競馬がまったくできていないだけ。

能力的にはチェスナットコードを同斤量で負かしているように、ここでも通用するものを持っています。

小倉記念は逃げ馬がおらずスローの内先行有利が濃厚。

コーナーロスは大きな不利になりそうで、2枠を引いたことも幸運といえましょう。

ここなら一発あってもいい♪

馬券を買って、さあ勝負!!