【レパードステークス2018の予想】グリムで堅い、グレートタイムより明らかに強い理由はこれ!!

競馬予想記事

はい、今週の自信レース。

レパードステークスの予想に入りましょう!!

先週もアイビスサマーダッシュが自信レースといっておきながら、僕が弱いだろうと予想していたダイメイプリンセスは、前がふさがってスムーズな競馬ができない中での楽勝するという非常に強い勝ち方。

対して、僕の本命ペイシャフェリシタはまったく見せ場なく、完膚なきまでにハズレてしまいました。

間違っていた分析は整えるしかありません、大事なのは過ちを良い予想作りの糧にできるかどうか。

レパードステークスでは名誉挽回すべく、解説に力を入れようと思います。

 

グレートタイム

重賞2つを含む過去8戦すべてで掲示板に載っており、鞍上も前走同様ルメール騎手で安心。

今回も掲示板に載ることは堅い、なんて思っている人が多いんじゃないでしょうか。

しかし、過去の着順など今回のレースの着順にまったく関係ありません。

例えば京都競馬場の成績が【1-3-2-0】という馬がいるとして、着順通りの実力馬だったとしても、次に勝負するメンバーが2着3着だったときの上位馬の集まりだったら、単純に能力はビリとなるわけです。

今まですべて掲示板に入っているからといって、今回のレースでも掲示板には入れるかどうかは今回のメンバーを詳しく調べなければわからないもの。

精度の高い予想をしたいなら、データを見るのではなく、中身を見てください。

ちなみに、グレートタイムは中身も強いです。

重賞メンバー相手にも、ルヴァンスレーヴを除けば勝ち負けしている近2走。

その前の鳳雛ステークスも、スローペースを逃げたハーベストムーンにクビ差届かなかっただけで実力は上と言える2着。

これだけ強いレース内容を繰り返しているグレートタイムですが、ユニコーンステークスには明らかに格上の馬がいるのです。

ヒントは、ヒヤシンスステークス、500万下での敗北。

僕が目を付けた馬は・・・

 

グリム

現在単勝14.3倍。

7番人気の低評価に甘んじています。

前走のユニコーンステークスを9着に敗れており、2着グレートタイム、3着エングローサーが今回も登録しているので、結果だけを見ればこの低評価も当然でしょう。

しかし、グリムのユニコーンステークスは、直線で前があかず競馬にならなかったなかでの9着。力で負けたわけではありません。

すると青竜ステークスで、スマハマ、オメガパフュームをまともに倒した内容が光ります。

この2頭はグレートタイムに完勝経験があり、この2頭を倒したグリムが単純比較では明らかに力は上なのです。

はこべら賞7着、ユニコーンステークス9着は、どちらも大きな不利があってのもの。

・グリムは着順に安定感がない
・グレートタイムはどんなレースでも上位

こうした中身のないデータによって、実力とは真逆の人気が作られる。

だから競馬はおもしろいし、分析が正確であれば期待値の高い馬が見つけられるんです。

グリムほどおいしい穴馬はなかなかいない★

馬券を買って、さあ勝負!!