【札幌記念2018の予想】サングレーザーはマイル馬だと思っていると痛い目をみる!

2018年競馬予想記事

夏競馬のメインレース、毎年ここだけレベルが違う!

札幌記念の予想をはじめていきましょう。

2018年も例外なく、マカヒキ、ネオリアリズム、モズカッチャンとG1馬が続々登録していますよ♪

秋のG1戦線が待ち遠しい競馬ファンとしては、歓喜のひとときじゃないでしょうか。

僕は予想としても楽なレースだと思っています。

夏競馬って基本は強い馬が休養で抜けるので、重賞でまったく通用しなかった馬と、条件戦から上がってきたばかりの馬がぶつかるケースが多くて、比較が難しいわけじゃないですか。

札幌記念に限ってはそれがない、最強クラスでまともに戦えている馬がいるので、単純にそちらを格上にとれるわけです。

予想オッズで一番人気は・・・

 

モズカッチャン

エリザベス女王杯を勝利しており、京都記念ではレイデオロとハナ差の4着。

牡馬の現役トップレベルとも互角に戦えているうえ鞍上がデムーロ騎手なので、人気になって当然ではあります。

しかし、京都記念はコースロスなく立ち回ってのもので、非常に展開に恵まれての4着でした。

京都記念はそれまで牝馬クラシック戦線で互角だったディアドラが6着ということもあり、僕は今の牝馬トップレベルは牡馬に劣るという見解です。

そう、今回の本命は牡馬!

僕が目を付けたのは・・・

 

サングレーザー

距離適正は大丈夫なの?

そんな声が聞こえてきそうですが、競馬ってそもそも距離適性の持つ意味合いは小さい。

強い馬はみなクラシックを目指すんです。

クラシックで通用しなかった馬や、弱いメンバーとやって賞金稼ぎたい馬が、クラシックから離れた距離を使う。

極端に長距離が苦手、短距離が苦手という馬はいるでしょうが、そんなのレースに出して他の馬と比べてみないとわかりません。

ゆえに距離適性が向いてるからマイルを使っていたなんてことはまずないんです。

するとサングレーザーはマイルでイスラボニータ、ペルシアンナイト、エアスピネル、スワーヴリチャードあたりと互角の勝負をしており、競馬の華である中距離路線のトップクラス相手でも能力的にそん色なし!

だから陣営は挑戦してきたのでしょう。

僕もまったく同じ見解、さらに今回は外を回るロスが大きい札幌競馬場。

2枠を引いたとあれば、本命に推すしかない★

馬券を買って、さあ勝負!!