【キーンランドカップ2018の予想】ナックビーナスを本命で仕方なし!?

2018年競馬予想記事

先週の札幌記念では、僕の本命サングレーザーがG1馬3頭ひしめくハイレベル決戦を、見事優勝で飾ってくれましたね♪

よおおおおしっ!!

ガッツポーズもつかの間、配当見たら2番人気じゃないですか。

中穴になると思ったのに、まさかモズカッチャンより人気するなんて、、、

みんな予想上手いですねw

そんなこんなで札幌開催はあと2週、夏競馬もいよいよ大詰め!

今週こそは激走必至の穴馬をばっちり指名して、皆さまに万馬券をプレゼントしたいです。

キーンランドカップの予想をはじめてまいりましょう。

人気が割れていた札幌記念と違い、レッツゴードンキ・ナックビーナスの2頭が安心の1.2番人気となりそうです。

 

レッツゴードンキ

去年の高松宮記念、スプリンターズステークス。

そして今年の高松宮記念と、1200mのG1を3回連続2着しているので、人気になって当然でしょう。

ただ今年のキーンランドカップは、逃げを主張する馬がオールインワンくらいしかおらず、スローペースに落ち着きそうなメンバー構成。

能力は疑いようもなく今回のメンバーでもトップレベルですが、差し脚質のため苦しい展開となりそうで、取りこぼしは十分にあると思っています。

 

ナックビーナス

キーンランドカップはこの馬を軸にする人が多いんじゃないでしょうか。

総成績【6-8-5-7】で、4レース中3回は馬券に絡むという凄まじき安定感を持っています。

近3走もすべて重賞で、2着→3着→3着と抜群の成績。

高松宮記念(G1)0.1秒差もあるので能力も高いと思われがち。

で、実際はどうなのか!?

僕はこの馬の安定感は認めています。

ハイペース、スローペース、どんな展開になっても惑わされることなく、自分のペースで走ることができる器用な馬なので大崩れしにくいのです。

しかし、実際の能力はというと・・・

キングハートやヒルノデイバロー、ペイシャフェリシタあたりと互角の勝負経験があり、今回の出走メンバーでも真ん中よりちょっと上くらいの評価が妥当です。

そもそもオープン特別で上手に乗ってるのに勝ちきれない馬。

ナックビーナスがこんなに人気になっているのは、レースを見ずに近3走の結果や馬券圏内率など実際の強さとは整合性ないデータを頼って、みんなが馬券を買っている証拠です。

人気がなければヒモに入れてもいい馬ですが、人気なら喜んで消し!!

さあ、僕が目を付けた馬は・・・

 

ヒルノデイバロー

芝で未だに勝ち星なし。

着順もボロ負けと好走を繰り返す安定感ないもので、ナックビーナスと対照的。

人気になりにくい馬だと思います。

しかし、ボロ負けのレースは決まって狭いところに入ったり、前が空かなかったりと運が悪かっただけであることは、レースを見て分析している人の目には明らかでしょう。

スワンステークスのように不利なきレースなら、レッツゴードンキを完封するほどの実力の持ち主なんです。

今回は先行宣言をしており、前がつまる心配もなく絶好の狙い目★

馬券を買って、さあ勝負!!