【新潟2歳ステークス2018の予想】これやるだけで、2歳重賞の予想が当たるようになる!

2018年競馬予想記事

2歳戦って予想するのが難しいという人、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

しかし、僕の2歳戦の予想に対する印象は、「これほど楽に予想できるレースはない」です。

今日は2歳戦に苦手意識を持っている方へ、強い馬を見分けるコツをお教えします。

新馬戦の対戦相手の次走を確認する!

たったこれだけ。

あとは次走いい着順だった馬が多い新馬戦に出ていた馬を、上位評価すれば終わりです。

競馬新聞の馬柱や過去傾向、スピード指数を参考にするより、数段精度の高い予想が作れると思います。

原理はスピード指数の算出方法を小規模にして、タイムの概念を抜いただけですが、、、

個々の馬が1レース2レースくらいしか出走していない段階では、そちらの方が信用できます。

なぜならタイムの概念が入ると、ペースが速いレースに出ている馬の方が、弱くても上位評価になってしまうからです。

もちろんレースを一つ一つ見て、コース取りや不利まで比較に取り入れることができれば、さらに予想の精度は上がりますが、、、

2歳戦の予想を苦手としている人は、まずこれだけやってみて、予想が当たるようなるか試していただけるといいなと思います。

さて、こちらを踏まえた上で、新潟2歳ステークスの予想にとりかかってまいりましょう。

 

ケイデンスコール

この馬が1番人気になりそうですが、異論はまったくありません。

新馬戦でハナ差と互角の勝負をしたアドマイヤマーズは、その後中京2歳ステークスを楽勝。

しかも、新馬戦ではケイデンスコールの方が外を回されており、アドマイヤマーズ以上のレース内容でした。

新馬戦3着ヤマニンマヒアも次走で未勝利を勝ち上がっているので、ケイデンスコールの強さは文句なしと言えるでしょう。

しかし、穴党として1番人気を推すわけにいきません。

能力的にケイデンスコールより強い可能性がある馬は、クラシックに通ずる1800mの新馬戦を使ってきたアンブロークンくらいでしょうが、こちらも2番人気が濃厚なのでパスです。

どうすればいいんだ!?

僕が目を付けたのは・・・

 

オーパキャマラード

今年の新潟2歳ステークスは、逃げ先行で勝ち上がってきた馬が多いですが、ほとんどスローペースなんです。

オーパキャマラードだけハイペースを先行する競馬を経験しており、今回のメンバーなら楽に逃げをうつことができそう。

また、この馬自身は新馬戦3着でしたが、その時の2.4着がすでに未勝利を勝ち上がっており、新馬戦のレベルも高そうです。

展開の利が絡めば、逃げ切り十分★

馬券を買って、さあ勝負!!